Activity

イベントのお知らせ

イベント レポート

2024.05.21

石井幹子名誉理事の旭日中綬章叙勲記念祝賀パーティー

日本国際照明デザイナーズ協会 初代代表理事の石井幹子さん(株式会社石井幹子デザイン事務所代表取締役)が長年にわたる照明デザイン業界の発展に尽力された功績により旭日中綬章を受章されました。これを祝して、日本国際照明デザイナーズ協会主催で「石井幹子氏の旭日中綬章 叙勲記念祝賀パーティ」が築地聖路加ガーデンタワー レストランLUKEにて催されました。 当日は、パーティ―のドレスコードである“光るもの”を出席者全員が身に着け、石井さんを囲んで照明業界の未来を語るカジュアルで和やかなパーティが開催されました。十人十色の“光るもの”を身に着けた参加者と主催者がダンスミュージックに合わせて楽しみ、笑顔と歓声に満ちた素晴らしい幕開けとなりました。    大きな拍手の中、イルミネーションベールをまとった石井さんが華やかに入場されました。発起人代表として近田玲子理事より、石井さんとの思い出話が語られました。 「ひとつだけ皆さんにお話したいのが、ある時、石井さんが、”デザインというのは静かな池の中に石をポンとなげるようなものよ。近くに投げた時は小さな波紋が早く寄せてくるけど、寄せてくる範囲が小さいのよ。でも遠くに石を投げると波紋が池の周囲全体にいきわたるでしょ。そうことがデザインではないかと私は思っているのよ“とお話いただいたことがありました。社会に対しても行き渡る、そういうことをあの時すでに考えていらっしゃったのだなと今思い出しております。今後も益々のご活躍を祈っております。」と挨拶がありました。   続いて、ご来賓である日建設計取締役会長 亀井 忠夫氏、三菱地所設計代表取締役副社長国府田道夫氏のご紹介、そして同じくご来賓の元駐イタリア大使、元国際交流基金理事長、東京国際映画祭チェアマンの安藤裕康氏よりご祝辞をいただきました。安藤氏には、「1978年日本のこれからの政策ビジョンの中で、照明デザイナーとして石井さんと初めてお会いし、その時から存在感があった。日本、そして海外で素晴らしい仕事を沢山され、世界における日本のプレゼンスを高めるために石井さんは大いに貢献されました。ソフトタッチで柔和でありながらも、あきらめないチャレンジ精神が素晴らしい方です。日本そして世界中を駆け巡り、照明デザインに尽力され日本が誇れる人になったことを強調したい。まだまだ上の賞がございます。これからも世界中で授賞していただきたいと思っています」とご挨拶いただきました。   さらに、株式会社I.C.O.N. 代表、フランス照明デザイナー協会(ACE)副会長 石井リーサ明理氏からのビデオメッセージが流されました。   そして、石井さんのお気に入りのシャンパンが日没と共に振る舞われると、会場ではパナソニック株式会社エレクトリックワークス社常務 ライティング事業部長 島岡国康氏のご発声で盛大に乾杯が行われ、生演奏とともに楽しい歓談のひとときが始まりました。 続いて、石井さんが光り輝く純白のレースのドレスに身を包んで再びステージに登場されました。この素晴らしいドレスはIALDメンバーの山下裕子氏が手がけたデザインで、会場からは喝采と盛大な拍手が沸き起こりました。 参加者からの質問コーナーとして、昨年ENLIGHTEN […]

Read More
2024.03.21

Chase the Dark 2024

IALD Japanの息抜き企画、Chase the dark 2024を 今年も3月21日(木)に行いました。 テーマはずばり”Upcycling”. ゴミになってしまう缶や瓶を再利用して、そこにティーキャンドルを灯したりします。 今年も本気で工作しながら、普段はゴミとして簡単に捨ててしまう素材達にあらためて向き合って、様々に考えを巡らせることのできる楽しい時間でした。           普段の仕事で忙しく過ぎていく時間の中で、童心に帰って工作を楽しむ時間と、純粋に光に向き合うことができるChaase the darkに今後もみなさん、どんどんご参加ください。       […]

Read More
2024.03.20

第55回~56回コミュニケーションバーInaBarレポート

InaBarは『照明デザイナー同士のコミュニケーションをとる場を作りましょう。』という発案から始まったIALDJ会員限定のコミュニケーションバーです。 リアル感を大切に10年間続いてきました。今後も Face to Faceで集うことを基本方針として開催して参りますので、まだ参加されたことのない方もマイグラス持参で是非一度のぞいてみてください。「ここだけ」の話を聞けるかも・・五反田本店でお待ちしております。 今後は出張InaBar、出前InaBar、昼下がりのInaBarなどの開催も考えております。お楽しみに! 参加資格:IALD-J会員 場所  :主に IALD-J事務所 開催日 :月初めの火曜日(休み月あり、事前にメールにてお知らせ)   2024.02.06 第55回『新宮晋さんに触発されて!−照明デザインと自然エネルギー』 スピーカー:野澤壽江さん 開催場所:事務局   話題提供は野澤壽江(のざわひさえ)さん。 話題は第54回の『Enlighten Asia 2023 […]

Read More
2024.01.10

第52回~54回コミュニケーションバーInaBarレポート

更新までもうしばらくお待ちください・・・

Read More
2023.10.17

第49回~51回コミュニケーションバーInaBarレポート

「InaBar」はIALD Japan事務所のバーコーナーで行われるユニークな「トーク&バー」。店主である稲葉さんより話題提供者が適宜指名され、基本毎月第1火曜日(祝祭日、GW、8月は除く)にハイクラスな照明の話題とワインを楽しんでいただけます。条件はマイグラスの持参。ソフトドリンクも多種ご用意しておりますのでワインを飲めない方も是非ご来店ください。   2023.06.06 第49回 『ユニバーサルスタジオジャパン(特にマリオエリア)最新情報をお伝えします!』 スピーカー:永島和弘さん 開催場所:事務局、オンライン   話題提供者は永島和弘(ながしまかずひろ)さん。ユニバーサルスタジオジャパンに行った家族旅行の帰りに、家族で来店して頂きました。   話題は『ユニバーサルスタジオジャパン(特にマリオエリア)最新情報をお伝えします!』とのことで、永島和弘会員ではなく、息子さんの旭陽(あさひ)君がジェスチャーを交え、目を輝かせてプレゼしてくれました。旭陽君は牛乳が大好きとのことで、牛乳でも乾杯しました。今回のInaBarはアットホームな雰囲気の会でした。   2023.07.04 第50回 『生物学の大学教授になりたかった私が照明屋さんになるまで』 スピーカー:中川彩佳 開催場所:事務局、オンライン   第50回のInaBar開店の節目に最近Affiliate会員(去年まで学生会員1期生)に登録されたばかりの中川彩佳(なかがわ・あやか)さんが話題提供の大役を引き受けてくれました。 話題は『生物学の大学教授になりたかった私が照明屋さんになるまで』照明のことなど何も知らなかった大学生が、どのようにして照明を知り、興味を持ち、照明メーカーに入社したのか、チャットのように自分と出会った良き人々(特に森田教授)、そして、松下美紀さん、節目のやり取りをチャットのように画像付きで話してくれました。 興味>チャンス>実行(努力)で現職に・・・。出会い、チャンスという節目にIALD-Jの学生会員の募集と、Enlighten Asia in […]

Read More
2023.10.17

第46回~48回コミュニケーションバーInaBarレポート

「InaBar」はIALD Japan事務所のバーコーナーで行われるユニークな「トーク&バー」。店主である稲葉さんより話題提供者が適宜指名され、基本毎月第1火曜日(祝祭日、GW、8月は除く)にハイクラスな照明の話題とワインを楽しんでいただけます。条件はマイグラスの持参。ソフトドリンクも多種ご用意しておりますのでワインを飲めない方も是非ご来店ください。 2023.02.07 第46回『備えてますか?』 スピーカー:窪田麻里さん 開催場所:事務局、オンライン   窪田さんは“東日本大震災復興支援プロジェクト”や“災害時のあかり”にまつわる活動をしている、ということで、窪田家で4時間のプチ停電状態で暮らしてみた体験談を話して頂きました。 また、リムーバル照明機材のコレクターでもある窪田さん。実機を持ち込んで頂き、それらを見ながら、ワイワイ、ガヤガヤと会話は進み、あっという間に1時間が過ぎてしまいました。ポイントはリムーバル照明機材の使い勝手だけでなく電源確保ですかね・・・。 提供されたワインは東海林会員セレクトの微発泡のフルーティーな『MALI』でした。   2023.03.07 第47回『海外でくらすということ』 スピーカー:田中康一さん 開催場所:事務局、オンライン   田中さんは茨城県鹿嶋市に生まれ育ち、国内もさることながら、ヨーロッパや現在の拠点である香港を含め、過去10ヵ所に住まわれていたようで・・・、 ロンドンではアフリカ系の人達が住むアパートの4階の屋根裏部屋に住まい、家賃は週1万円ぐらい。隣の部屋はかなり体格の良い女子で彼女が動くたびに部屋が揺れ動いた、とか・・・。 また、・・・・・・・・。 そんなエピソードを話してくれました。 […]

Read More
2023.07.19

第1回 IALD Japan ライトトークサロン「調光の未来、光の未来」

「IALD Japan WEBINAR」は「ライトトークサロン」に名称変更され、その第1回が開催されました。 今回のセミナーは2部構成で実施。第1部のテーマは「LED調光の今」、第2部のテーマは「調光の未来、光の未来」です。 モデレーターは田中謙太郎氏(株式会社アンバー)。
パネリストとして、第1部では高橋裕忠氏(PMC株式会社)、中畑隆拓氏(スマートライト株式会社)が、第2部では前出の2名に加えて小堀哲夫氏(株式会社小堀哲夫建築設計事務所)、小玉敦氏(株式会社久米設計)、関根雅文氏(株式会社日建設計)も登壇されました。 第1部で高橋氏はまず「エジソンの白熱電球から始まり、その後約60年ごとに蛍光灯、LEDといった新たな光源が生まれてきた」と光源の歴史を簡単に説明し、光源の発展とともに位相制御やPWM、DALIへと調光技術が進化してきたと解説。またDMXについても触れ「DMXはもともと舞台装置に使われていた技術。今はオフィスや店舗でも使用され、照明や映像、音などをトータルでコーディネートする時代になってきた」とコメントしました。さらに、LEDと他のものがネットワークでつながる「スマート化」にも触れました。この日一番言いたかったこととして「光や動作など、使う人が本当に求めているスマートなものになっているか?」と問いかけました。自分たちの都合で「使えるのはこのメーカーだけとか、海外の製品は使えないとしていたらスマートではないのかなと(笑)。僕らも努力をして、デザインも含めて本当にスマートと思えるものにしていきたい」と語りました。 続いて中畑氏は、照明の制御システムを設計する場合、照明メーカーに対して「御社の照明はAI(人工知能)とつながりますか?」と聞いてほしいと話を切り出しました。アレクサやポケトーク、スマホの顔認識機能を例に挙げ、AIは思っている以上に生活に溶け込んでいると説明。今まで人感センサー、照度センサーで照明を制御していたため「人がいるかいないか」「明るいか暗いか」ということしかわからなかったが、例えばカメラとAIと照明がつながることで、こういう時には問題が起きるから照明をコントロールしようということができるようになってきたと。 また、プロジェクト内で色々な設計を結ぶマスターシステムインテグレーターの役割が今後重要になるとして、照明と様々なものがネットワークでつながることで今までにない価値を生み出していくことができると語りました。 第2部では最初にパネリストが「関わられている現場で調光や照明に苦労されていますか」という質問に答えました。 まず、小堀氏は自身が携わっている舞台や劇場の照明について触れました。「建築の照明は機能照明ですが、舞台の照明は人間を美しく見せるもの。だから舞台照明が圧倒的に優れていると思う」と。その後、田舎の実家で撮られた写真や、趣味で登られたという槍ヶ岳の写真を示し、「光がグラデーショナルに変わっていく様が好き。そんな光がほしい」と語られました。そして、「調光って面倒くさいですが、第1部でネットワークの話を聞いて人間の感覚に馴染む光を作れるんじゃないかと思った」と。 また、日光を大切にして設計をするという小堀氏。ダウンライトはできるだけ付けたくないと話され、あるオフィスを紹介。そのオフィスでは、ダウンライトの代わりに舞台で使う巨大な投光器と動かせるタスクライトを用いたそうです。タスクライトにはコンセントがついているので、チョウチンアンコウに引き寄せられるようにPCを持った人が光に集まるというお話もありました。 小玉氏が最初に紹介したのは、お台場の日本科学未来館です。2001年に最先端の科学を発信しようとして、当時照明器具に使われていなかったLEDを使い、風力発電と連携させたプロジェクト。「ガラスのファサードをいかに美しく見せるかに苦労した」と話されました。モデレーターは「青という出力がいちばん強い色を選び、風を視覚化した事例ですね」とコメント。 次に紹介されたのは、すべて膜天井にしたある本社ビルのオフィス。「昼は自然光、夜は人工光」というテーマでまとめられた事例です。天井が高いことやバッファーゾーン(緩衝エリア)を作ったことで、天井や窓から入るグレア(まぶしさ)があまりないそう。オフィスを使う社員に行ったアンケートでは、「サーカディアンリズム(生体リズム)が整って体調が良い」「朝の光から夕方の赤い色目に色が変わっていくところがとても良い」といったポジティブな反応が多かったと話しました。 関根氏は3つのトピックについて語りました。 1つ目は、日建設計オフィスの2、3階フロアで、リニューアルされた「PYNT」と呼ばれるスペース。外部の方を招いてワークショップなどを行う空間です。ゾーンごとに調光機能を変えたり、照明の位置を変えたりすることができるそう。また、照明の色味が異なる複数のブースのなかからそのときの気分に合ったものを選ぶことができるというジェンダーフリートイレについてもご紹介いただきました。 2つ目は某大学です。アトリウムに面した場所の照明の色を季節や時間帯で変えています。照度が低くても、雰囲気が悪くならないようにされているそうです。また、地下の学習エリアは自然光が入らないため、LEDの色温度の組み合わせで自然光が入ってきているかのように工夫されています。 3つ目は、日建設計が開発した「Asapp」というアプリ。脱炭素を目指すため、一人ひとりの行動改善を促す目的で作られ、アプリをスマホに入れると各個人がある期間に出す二酸化炭素の数値がおおよそわかるそうです。人の位置情報から、オフィスで人が少ない所にいる人には「人の多いフロアに移ったほうが省エネになります」というメッセージが送られ、実際に移るとCO2削減になりポイントがもらえる仕組み。溜まったポイントでオフィス内のカフェでコーヒーが飲めるという取り組みが紹介されました。 最後に「調光の未来、光の未来」に期待する事は?という問いがパネリスト全員に投げかけられました。 中畑氏は「横のつながりを大事にしたい」。高橋氏は「目の前の仕事ではなく、光を使う人を見据えて取り組みたい」。小堀氏は「制御が重要になる一方、自分が光をコントロールできる環境も必要」。小玉氏は「カーボンフリーには制御が力になる。プランナーが計画する時から達成する方向を考えられればいい」。関根氏は「建物の使われ方が変化しても、それにアジャストできる設備設計が重要になる」と、それぞれコメントし、今回のライトトークサロンを終えました。   […]

Read More
2023.03.23

Chase the Dark 2023

2023年3月23日に毎年恒例のIALD国際イベント「Chase the Dark」が行われました。 今年のテーマは ”Shadow Play”。IALD JAPANではコロナ禍中オンラインでのみ開催しておりましたが、今回は五反田の東京デザインセンター内crafTecギャラリーをお借りして、少人数ながら学生さんにも参加いただきリアルとオンラインのハイブリッドにて開催しました。 更に今回は、時差も少ないということからオーストラリアと繋ぐという新しい試みも行いました。 事前にオーストラリアの担当者とコミュニケーションをとったものの、結果は日本、オーストラリアそれぞれがリアルでイベントを行っていて、お互いにコミュニケーションをとることは難しかったと思います。ですが今後も前向きに展開できると感じました。 五反田でのリアルの ”Shadow Play” については、私も含め良い息抜きになり楽しめたのではないかと思います。(永島和弘)               […]

Read More
2022.12.9

第10回IALD Japan Webinar「What is WBS?~WELLってなに?」

WBS(Well Building Standard)は2014年に開発された建築物の空間評価システムです。人間の健康にフォーカスした環境作りが推奨されていることが特徴であり、世界中のオフィスやホテル、商業施設から注目を集めています。WELLとは具体的に何なのか、照明デザイナーとしてWELL認証に寄与するにはどうすればいいのか。これらを紐解いていくことを目的に、WEBINARが開催されました。当日は会場である東京デザインセンタークラフテックギャラリーに聴講希望者を迎え、IALD Japan WEBINAR初のハイブリッド開催となりました。 モデレーターは金田篤士氏(株式会社ワークテクト)と目黒朋美氏(トモルデザイン・メグロ株式会社)です。 まずWELLの10のコンセプト(空気、水、食物、光、運動、温熱快適性、音、材料、こころ、コミュニティ)、それからLEEDやCASBEEといった他の世界的な建築物認証システムが紹介され、世界のWELL認証を受けたオフィスの紹介PVが流されました。ビデオは、WELL認証を取得したオフィスが紹介され、その経営者がコメントをしているという内容で、金田氏、目黒氏は「現在の日本でここまで環境の良いオフィスは少ないが、今後このような方向性になっていくと予想される」と語られました。 次に参加者に対して、WELL認証を意識したオフィス作りをしているかという問いかけがありました。会場の照明デザイナーの方から、特にWELL認証は意識していないが、オフィスというよりも遊び場という感覚なので、必然的に居心地の良い空間になっているとの回答がありました。同じく会場参加の照明メーカーの方からは、自社のオフィスでは特にWELL認証などは取得していないが、WELL認証を取得したホテルのプロジェクトの照明制御に携わったというお話もいただきました。 Web上のアンケートでは、WELL認証に携わった方が5名、携わったことのない方が22名という結果になりました。 WELL認証を受けた建築物数世界ランキングで、日本は12位でした。アメリカがダントツで1位、中国が3位と意外に多い結果となりました。会場やWebでのアンケートからもわかるように、日本ではWBSはまだ広く普及しているとは言えない状況であり、WELL認証を取得しているプロジェクトの傾向としてはゼネコンや組織設計事務所の自社ビルが多いようです。 WELLの10のコンセプトのうち、「光」は110点中18点を割り当てられており「WELLの中でも照明が占める割合が多い」ことに金田氏が言及しました。18点の中で必須項目、加点項目に分かれており、必須項目が光暴露とビジュアル照明デザイン、加点項目がサーカディアン照明、人工照明グレア制御、昼光シミュレーションなど多岐に渡ります。 更に、LEED、WELLコンサルが使用するというIWBIのリストを目黒氏が公開され、「項目が細かくて驚いた。我々照明デザイナーは、必須項目はもちろん、加点項目を加味してデザインし、WELL認証に貢献していく必要がある」と述べられました。 金田氏は「WELL認証はメーカーの製品ごとではなく、空間や建物に対して認可されるものであり、我々にはWELLに適した製品を選択できるかどうかが問われている」と今後照明デザイナーに求められる役割を示されました。 ここで、会場参加の照明デザイナーから「WELL認証の項目には日本の照明デザイナーであれば当たり前にできている項目が多いのではないだろうか。底辺あげには適しているが日本では普及しづらいように感じる」という指摘がありました。 これに対し金田氏は「ミシュランの星システムのようなもので、オーナーはわかりやすい指標を求めている。そういった要望が増えてきていることを認識していきたい」、会場参加の別の照明デザイナーは「オリンピックのメダルと同じで、わかりやすいメジャメントがあることでプロジェクトとしての目標が明確になる。日本におけるJIS規格の推奨値を駆逐するためにも普及されるべき」とコメント。日本において、WELL認証を普及する必要性について語られました。 次に目黒氏が、加点項目のうち特に注目すべきポイントについてピックアップされました。 まずサーカディアン照明について。これは昼間にかけて4時間昼光を浴びて身体を活性化し、夜間は逆に色温度を下げてメラトニン分泌を促進します。このようにして効率的に入眠しやすいよう、照明や昼光の取り入れ方を工夫することで、サーカディアンを有効活用するというものです。この尺度として、目黒氏は等価メラノピック照度を紹介。これについて金田氏は等価メラノピック照度について調べたところ、カナダと台湾に研究施設があり、施設で実験的に研究されていることを述べられました。 昼光シミュレーションでは、コンピューターシミュレーションでの検証例が紹介されました。実際は東西南北や時間帯によって変化するため、検証例よりも深いことを問われるようです。 次に、目黒氏が個人的に専門家の話を伺いたいという「フリッカーを防ぐにはどうすればよいのか」という項目が紹介されました。 フリッカーはLEDの明滅現象、モアレ現象のことであり、画面の激しい明滅によって体調不良を引き起こすことがあります。国際基準は3kHzですが、日本は100V50〜60Hzと、PWM形式を採用しているため基準が甘くなっているのが現状です。 […]

Read More