Activity

イベントレポート

2021.09.8

第30~32回 コミュニケーションバー InaBarレポート

「InaBar」はIALD Japan事務所のバーコーナーで行われるユニークな「トーク&バー」。話題提供者が店主である稲葉さんより適宜指名され、基本毎月第一火曜日(GWは除く)にハイクラスな照明の話題とハイクラスなワインを楽しんでいただけます。条件はマイグラスの持参。ソフトドリンクも多種ご用意しておりますのでワインを飲めない方も是非ご来店ください。

 

2021.04.06

第30回 『FEEPROPOSAL of Lighting Design と、照明デザイン見積』

スピーカー:金田篤士さん

開催場所:オンライン

 

タイトルは固いのですが・・・なぜか、金田さんは事務所のキッチンからライブ配信。内木さんをアシスタントにして、撮影は内野さん。3分間クッキングのテーマ音楽からスタート。

料理を作りながら、金田さんから参加者の皆さんへ質問です。

 

「この一品、いくらだったら注文しますか。」

 

回答は500円から1200円ぐらいまでマチマチ。さて、実際はどのくらい原価が掛かっているか?料理人の人件費を含め積み上げ式の試算。その結果、材料費は一皿あたり250円から500円ほど。人件費を入れて計算すると2300円ぐらいにしないとビジネスにならない。スタート時の注文したい金額と相当の値差が出てしまいました。そこで金田さんから参加者の皆さんへ更に質問です。

 

「この一品を2300円で注文を受けるにはどうしたらよいか。考えてみてください。」

 

それを受けて東海林さんからの提案です。

「3品とワインをセットにして、8000円で売ってみては?」

 

好評だったのは彌吉さんから、

「料理を金田さんと内木さんが作って、お二人が照明の話をしながら、お料理は“オマケ”であれば、その金額で売れますね!!」

というお料理番組のノリに合わせたような提案でした。

 

NHKのETVのようなライブ配信で、会員同士のコミュニケーションも取れ、あっという間に「照明デザイン見積」というテーマ?でInaBarは終わってしまいました。

InaBar店主:稲葉裕

 

2021.06.01

第31回 『照明デザイン業の経営:日本って海外と何か違うの??』

スピーカー:藤井茂紀さん

開催場所:オンライン

 

前回の金田さんからバトンを渡されたのは、シンガポールから日本に引っ越してきたばかりの藤井茂紀さん。見積はどうやっているの?利益はどのくらい出すべき? などなど、話題は尽きず・・・。

 

最後は、「職能を積極的に高める。」ということになるのではないか。という面出さんの言葉で、時間を少し延長して終わりました。

InaBar店主:稲葉裕

 

2021.07.06

第32回 『光害についてどう考えている?』

スピーカー:服部祐介さん

開催場所:オンライン

 

シンガポール在住の服部さんに「光害についてどう考えている?」というテーマで話題を提供して頂きました。服部さんはIALD会員ですが、前日にIALD-Jの会員にもなりました。

 

光害ってなあに?という定義や基準、ルールの話題で始まり、多くの人が「不必要な光」と感じる光が光害に値する。のでは・・・?という話になりました。

 

その他にも、ウミガメへの光害は何か?という問いををいろいろな人にヒヤリングして、「産卵に影響を与えない照明計画をした。」という話題も出て終わりました。

早く、リアルInaBarがOPENできるように、願っています。

InaBar店主:稲葉裕